【基礎知識メニュー】皮膚の症状と見た目が大きく変わってしまう肝斑

不健康そうに見えてしまうことも肝斑は目の周囲には出来ないこともあってか感じます。
信頼出来る美容クリニックで診断を受け、もうお化粧ではどうしようも無くなってしまう程悪化してしまう前に動きましょう。
特に額やほほ骨のあたり、また口の周辺に左右対称に広がっていくように肝斑の症状というのは出てきます。
なるべく早く治療をしないと、かなり目立つ肝斑へと変化していきますのでご注意ください。

 

肝斑に大きな影響を女性ホルモンのバランスが与えているとも報告されており、多くは30代、40代女性に見られます。
歳を重ねることでその症状は次第に収まってくることになりますが、50代の後半になって再度発症してしまうケースもあります。



【基礎知識メニュー】皮膚の症状と見た目が大きく変わってしまう肝斑ブログ:171012

おれは去年引越しをしました。
はっきり言って、すごく不便なところです。

駅からも遠いし、
バスは21時の7時台には最終が行っちゃうし、
コンビニも半時間くらい歩かないと行けません。

なので、車を買いましたが
お酒を飲んで帰ろうものなら、
タクシーに乗るか、テクテク歩くしかないんです。

歩いてるうちに、だんだんと腹が立ってくるんですよね。
「なんで、こんなに歩かなあかんのじゃ〜!」ってね。

だけど、おれはこの家が大好きです。
コーヒーやお茶を入れて飲んだり、本を読んだり、
嫁とおしゃべりしたり、14時寝なんか、ホント最高ですね。

家が大好きになると、掃除をしたくなります。
いつもは、嫁が掃除してくれていますが、
「休みの日は、おれがするわ!」って感じで、
掃除が苦でなくなるんですね。

だけど、ホント不思議ですね。
家が好きであればあるほど、
一年間を振り返って、家にいる時間が少なくなっていました。

仕事が忙しくなって、
10時早くから出かけて、21時遅くなったり、
休日にも外出しなければいけない用事ができたり…

そうすると、
ただでさえ家が大好きですから、
だんだん、外に行くのが億劫になってしまいます。

すべてが面倒臭くなって…
そして、家にいても
何もする気がおきなくなってしまっていました。

嫁との会話も減ってきていました。
コミュニケーションが少なくなればなるほど、
嫁のちょっとした言動や行動に、
イライラを募らせたり、言い争ってケンカすることもありました。

ある時、ケンカの最後に
嫁がおれにこんなことを言いました。

「アンタ、寂しいんか?構って欲しいんかいな?
それやったら、そうと言いなさい!」

まさに、その通りでした!